沿革

1935年(昭和10年) 10月 横井清一(創業者)が大阪市にて天満サブス工場を創立し、黒サブ、白サブ及びあめサブの製造を開始
1943年(昭和18年) 8月 資本金36万円で天満サブ化工株式会社を設立
1972年(昭和47年) 無硫黄ファクチスU−8及びU−10を開発
1978年(昭和53年) 11月 横井一が二代目代表取締役に就任
1982年(昭和57年) 資本金5,000万円に増資
1987年(昭和62年) 液状ファクチスF−3を開発
1991年(平成3年) 9月 兵庫県小野市に兵庫工場竣工
1995年(平成7年) 5月 日本ゴム協会より横井一が第33回ゴム技術有功賞を受賞
1997年(平成9年) 12月 兵庫工場第二期工事完了
2003年(平成15年) 3月 横井理が三代目代表取締役に就任
2004年(平成16年) 3月 本社事務所を大阪市城東区から大阪市北区へ移転
2006年(平成18年) 6月 ISO9001認証登録
  12月 KEMS(神戸環境マネジメントシステム)認証登録
2008年(平成20年) 5月 日本ゴム協会関西支部より協会事業推進の功績が認められ感謝状拝受
2014年(平成26年) 12月 本社事務所を大阪市北区から大阪市城東区へ移転
2019年(平成31年) 2月 伯耆晶子が四代目代表取締役に就任

ページの先頭に戻る